FC加盟について

franchise

よくある質問

Q
「たい焼き屋」ってどんな仕事?
A
「たい焼き屋」という業種の一般的な特徴を考えると、まず、誰もが知っている説明不要の商材で、素朴で気取らない商品であるという印象がありますね。懐かしさや温かさを感じさせる佇まいと接客が期待されているかもしれません。特に、地域で長く愛されるお店というイメージを持たれている方が多い印象です。そして、秋冬の風物詩!季節性がありますね。経営面では、小さな店舗(10坪)、少ない人数(2名)、少ないメニュー(3~5アイテム)など他飲食店と比較すれば、小資本で開業が可能な業種と言うことができます。
Q
「たい焼き屋」は通年仕事ができるの?
A
一般的には、たい焼きは季節性の商材です。繁忙期は10月~4月、閑散期と比較すると1.5~2倍の収益差があります。閑散期は5~9月。夏季は営業停止する店舗もありますが、「たいやきわらしべ」は通年営業のスタイルです。売上の底上げに夏季商品(かき氷・アイス・ドリンク)の取扱いを推奨しております。
Q
飲食業界の中で「たい焼き」を選択するメリットは?
A
他飲食店と比較すると、時間的自由があります。ピークタイムは「おやつどき」の14~16時なので、営業時間は日中営業のみでOK。仕込みは営業開始前の小一時間で可能ですし、前日でも可。深夜に帰宅したり早朝から出社の必要もありません。小麦粉・あんこ等食材が日持ちするものが大半で、食品廃棄率は「0」まで抑制可能です。調理技術については、研修期間の2~4週間で習得可能。職人さんのように何年も修行して一人前、というものではありません。
Q
たい焼き屋の利益の出し方は?
A
法人様の場合と、個人事業主様の場合で別々に考えます。
法人様の場合は
①既存のリソースの有効活用(空きスペースやアイドリングタイムの人材など)
②好相性の業種との相乗効果
③経営リスクマネジメント(多角化経営、異業種転換、業態変更など)
などが挙げられます。
個人事業主様の場合は、
①雇用不要、夫婦2人で可能な自営業
②自分のペースで営業時間を調整、ワークライフバランスの再構築
が挙げられます。
Q
「たいやきわらしべ」フランチャイズの特徴は?
A
まず、商材のクオリティ。「美味しい」…それに尽きます。なぜ美味しいのか?詳しくはこちらのページをご覧ください。
フランチャイズのシステムとしては、「自由度の高さ」が挙げられます。
・営業時間や定休日設定の幅広い選択肢
・ロードサイド型からショップイン型まで幅広いビジネスモデル
・店舗設営の指定業者なし、自由な店舗設計
・店舗独自商品の開発&販売奨励
・指定食材以外の仕入先は自由
・高額な専用POSレジ購入不要、売上報告は月報でOK
ロイヤリティについては一部の食材にONした「定量制」を採用しております。食材発注量に比例するため、閑散期でもロイヤリティは少額で済み経営を極力圧迫しない制度設計にしております。
「わらしべ」フランチャイズは継続した本部サポートを提供しております。クラウドシステムを利用したホットラインやデータ提供サービスをはじめ、臨店指導やミステリーショッパーも定期的に実施しております。
Q
「たいやきわらしべ」の研修について詳しく。
A
研修の期間は2〜4週間、飲食未経験者が指導を含む店長業務をこなせるだけの知識と技術の習得に必要な長さです。カリキュラムについては、経営・衛生・接客の基礎から「スタッフの育て方」まで店長業務を網羅。大まかには座学(2割)マンツーマン技術指導(6割)店舗実習(2割)です。
Q
全国どこでも加盟可能?
A
東海地方では「たいやきわらしべ」屋号のフランチャイズで展開します。東海地方以外では、レシピ使用許諾(=ライセンス)契約の「伊勢わらしべ」屋号で展開します。両プランの比較についてはこちらのページをご覧ください。
Q
研修期間中の滞在はどうなる?
A
研修者専用の宿泊施設は完備しております。ただし、研修所との往来にはマイカーは必要です。
Q
店舗物件にはどのくらいの広さが必要?
A
目安として、10坪程度(商店街型・ショップイン型・観光地型は7坪程度)あれば開業可能です。ロードサイド型は駐車場3台以上確保できる広さ(共有OK)であればOKです。物件については新築、業態変更、賃貸借、トレーラーなどほぼ自由です。移動販売車展開については個別相談に応じます。

6秒に1枚売れている
フランチャイズへのお問合せ